[感想]ヒロインは絶望しました。2話 秋葉はサイテーのクソメガネ ネタバレ極力なしで

マガポケで連載中の千田大輔の「ヒロインは絶望しました。」を読みました。

前回の1話の時点で陰キャのクソメガネ秋葉歪は、サイテーな野郎だなと感じていた。

それが今回の2話で更にひどいことを、主人公の渋谷明に要求している。

もう渋谷の精神状態はボロボロ。

このまま秋葉の言われるがままに、渋谷はなってしまうのか?

あらすじを読むと渋谷が秋葉に抵抗していくようだけど、2話の最後だと完全に屈服しているように見えた。

秋葉以外にも異世界へ転送される

秋葉の要求に耐えられなかった渋谷は、秋葉にはもう頼まないとビンタ。

向こうの世界に転送される条件は、ドレスタをプレイしていること。

その事に気づいた渋谷はドレスタをプレイしている人間に頼んで、向こうの世界に一緒に行ってもらうことに。

しかし秋葉ほど上手にプレイできる人間はおらず、毎回絶滅。

中には2組のイキリ小ヤンキーや後輩のように、クマに恐怖して逃げ出す人間も。

また渋谷に近づけると思い、ドレスタをプレイしていないのにプレイしていると嘘をつく人間も。

その結果渋谷は一人で向こうの世界に飛ばされ、クマによって…。

こんな目に何度もあえば渋谷の精神が疲弊して、結局秋葉に頼る選択をするしかなくなるのも当然か。

渋谷明の苦痛に歪む顔が…

クマはすぐに止めをさしてくれればいいのに、痛めつけて渋谷の心までも破壊しようとする。

その時の表情がもう可愛そうで。

痛めつけられる描写もハードで見てて辛い。

こういう思いをしてしまったら、秋葉に何を要求されるか分からないけど頼るしかないよな。

 

コメント